単行本
『死化粧師』
1~4

定価各950~980円 
大好評発売中!!

三原ミツカズ先生の人気シリーズ『死化粧師』がドラマ化! 涙なしでは読めない名作が実写で堪能できます。2007年9月26日、六本木の聖ソフィー・バラ教会にて、ドラマ「死化粧師~エンバーマー間宮心十郎~」の製作発表が行われました! その模様を写真を交えて徹底レポートしちゃいます☆

心十郎の住まいにちなんで(?)記者会見の会場は、きれいなグリーンの三角屋根が目印の、六本木にある聖ソフィー・バラ教会。中に入ると豪華なステンドグラスがお出迎えしてくれます。
報道陣がシャッターを切ったその時!
出演者が入場! 皆さん役柄の衣装を身につけての登場です。白衣が眩しい~!
左から美原マドカ役の小野麻亜矢さん、夏井満役の五十嵐隼士さん、夏井アズキ役の篠原真衣さん、主役・間宮心十郎役の和田正人さん、小林恋路役の忍成修吾さん、琢磨ユカリ役の安倍麻美さん、小雪宵子役の国生さゆりさん。

主役の心十郎を演じる和田さんは
「日本ではまだ知られていないエンバーマーの役をやることに苦労しました。ビデオでエンバーミングの様子を見たり、本を読んだりしてイメージをふくらませたり、現在活躍されているエンバーマーの方から話を聞いたり...。心十郎は二面性のある役で、普段はチャラ男だけど、仕事についてはすごくマジメ。そして"イケメン"。僕自身、普段は三枚目なので、どうやってイケメンを演じるかが課題です(笑)。心十郎が毎回、壁にぶちあたって成長していく姿を見てください。このドラマを通して"エンバーミング"を知ることで、みなさんに命の尊さを考えてもらえたらと思います。」
と熱いメッセージを寄せてくれました。
アズキ役の篠原さんは
「アズキは熱血漢で涙もろくて一生懸命。はじめは心十郎のことが嫌いだけど、じょじょに心惹かれていきます。アズキの役柄の新人ナース同様、私も"新人女優"として頑張るので応援してください!」
と熱意あふれるコメント。
 
←心十郎&恋路。世にも美しいツーショット☆
 
「ギターを手に歌うシーンが台本では"アドリブ"となっていて焦りました。ギターを弾いたことがなかったのに! 2話目以降、歌のテンションがどんどん上がっていくのでお楽しみに(笑)!」
と語る、アズキの弟役・満役を演じる五十嵐さんのギター演奏シーンは必見です☆
キャスト紹介
間宮心十郎(和田正人)
アメリカ帰りのエンバーマー。超オンナ好き。正体を隠して病院で清掃などのバイトをしている。
夏井アズキ(篠原真衣)
心十郎が出入りする病院のナース。最初は女たらしの心十郎を嫌っていたが...!?
小林恋路(忍成修吾)
葬祭コーディネーター。心十郎の親友でビジネスパートナーでもある。
記者会見でのコメント
「エンバーミングについては、このドラマで初めて知りました。僕の演じる葬祭コーディネーターは、残された遺族との中継ぎという難しい役。かしこまったセリフが多いので、滑舌がキツいです(笑)。オンエアを楽しみに待っていてください。」
小雪宵子(国生さゆり)
アネゴ肌の女医。はじめは心十郎と対立するが...。
記者会見でのコメント
「衣装合わせの日に原作を読んだのですが、ぱっと顔を上げたら目の前に原作の心十郎そっくりな和田くんが立っていたので"このドラマはいいものになる!"と確信しました。私が演じる小雪の髪型や服装は原作通りに真似ています。他にも演じるにあたって、原作を参考にした点がたくさん。見どころは...院長とのラブシーンかな(笑)。」
ドラマオリジナルキャラ
夏井満(五十嵐隼士)

アズキの弟。明るく天真爛漫なストリートミュージシャン。
ドラマオリジナルキャラ
琢磨ユカリ(安倍麻美)

仕事がデキるアズキの同僚ナース。心十郎に好意が...?

記者会見でのコメント
「北海道なまりのあるユカリを、同じ北海道出身者として懐かしみながら演じています。ナース3人娘はそれぞれキャラが立っているので、そこに注目してください。」
ドラマオリジナルキャラ
美原マドカ(小野麻亜矢)

アズキの同僚ナース。ドSキャラ。

記者会見でのコメント
「スピンオフ(番外編)ドラマが公式サイト上で公開されるので、そちらもぜひ見てください。」
ドラマ化にあたって三原ミツカズ先生からのメッセージ

「この作品は出来るだけたくさんの方に見てもらいたいと思って描いた作品なので、ドラマという機会をいただき、とても嬉しいですね。マンガに込めたメッセージをどう表現してくれるのか、今から楽しみにしています。」
ドラマ24「死化粧師~エンバーマー間宮心十郎~」
2007年10月5日放送スタート!

毎週金曜日 深夜0:12~0:53(全12回)
※第1回、第2回は0:42~
<放送局>
テレビ東京・テレビ愛知・テレビせとうち・テレビ北海道
TVQ九州放送(テレビ大阪のみ翌週木曜0:12~)
公式HPはコチラ
「死化粧師」は『フィールヤング』2008年1月号
(2007年12月8日発売)より連載再開!!!
お楽しみに☆
(2007年9月)