冴える剣と、深い情――
頰に刻まれた刀傷にかけて
悪を裁き、罪なき人を救う!

時代小説の旗手・小杉健治
屈指の傑作シリーズ

最新情報

2017年9月15日発売

『伽羅の残香』
定価:本体640円+税
■ISBNコード:9784396343491
富商、武家、盗賊の三つ巴の争い
欲にまみれた男たち

伽羅に似た香りの鬢付け油が大人気の『錦屋』。その主・卯三郎は、何でも金の力で他人のものを奪い取ると評判だ。ある日、腹を真一文字に斬られた男の死体が見つかる。青柳剣一郎は、男が錦屋を探っていたと知り、卯三郎が本物の伽羅をつかっているのではと疑う。さらに、錦屋の用心棒が相次いで襲われ、大盗賊が伽羅を狙っていたという話を聞く。欲望渦巻く争いの行方は!?

2017年4月12日発売

『霧にむ鬼』
定価:本体640円+税
■ISBNコード:9784396343019
容赦なき復讐

口入屋『宝生屋』番頭の久次郎と町火消し吾平の惨殺体が立て続けに見つかった。風烈廻り与力・青柳剣一郎は手口の残忍さから同一犯と断定。宝生屋主の与五郎が二人と博打仲間だったと知り遺恨を疑うも、与五郎は身に覚えがないと言う。だが与五郎も謎の刺客に襲われ、十五年前の悲惨な事件が浮上する……。哀しみの果てに己を捨てた復讐鬼を、剣一郎はどう裁く。

2016年12月17日発売

『離れかんざし
定価:本体640円+税
■ISBNコード:9784396342746
"婿殺しの後家"という、黒い噂の真相は!?

足袋問屋『山形屋』への婿入りを次男から切望され、鼻緒問屋『能代屋』の主は悩んでいた。相手は美人だが、高額の持参金、趣味三昧ぶり、先に病死した婿は毒殺された、と黒い噂ばかり。真相究明を頼まれた青柳剣一郎は、仲人や検視した同心を尋ね歩くが、前夫の死因に間違いはない。そう報告し、次男が婿入りした直後に事件が! 奥深い男女の闇を剣一郎が斬る。

2016年8月10日発売

破暁はぎょうの道(上)』
定価:本体640円+税
■ISBNコード:9784396342364
愛する人はどこへ消えた。

周次郎の女房おきみが失踪した。実家の大店の質屋『甲州屋』の差金だと考えた周次郎は、亡父の今際の際の言葉を手がかりに、甲府へ女房捜しに向かう。だが、旅の途中、謎の刺客に襲われる。一方、悪質な金貸し妹尾別当を探る青柳剣一郎は、妹尾と『甲州屋』の関係を語る家訓に違和感を覚えていた。やがて江戸で起きた破落戸の連続殺しが、新たな事件の始まりとなる。

 

破暁はぎょうの道(下)』
定価:本体640円+税
■ISBNコード:9784396342371
江戸と甲府を繋ぐ謎の"家訓"

刺客の魔手から逃れた周次郎だったが、辿り着いた甲府で再び命を狙われる。誰が、何のために? 青柳剣一郎と縁ある旗本高岡弥之助の手助けで、おきみを捜しに亡父の遺した"言葉"の謎を追う周次郎は、『甲州屋』の誕生に黒い利権が渦巻いているのを知る……。その頃、江戸で金貸し妹尾別当の素性を洗っていた青柳剣一郎は、江戸と甲府を繋ぎ暗躍する、闇の組織に立ち向かう!

2016年4月13日発売

『砂の守り』
定価:本体640円+税
■ISBNコード:9784396342036
殺しの直後に、師範代の姿。
見間違いだと、信じたいが…。

鮮やかな斬り口だった。矢先稲荷脇で発見された死体を検死した青柳剣一郎は剣客による犯行と判断。 三月前の刃傷事件と絡め、連続殺人を疑い探索を始める。 浮上したのは同じ頃に一刀流仁村道場の師範代を辞め、姿を晦ました神村左近という男だった。 一方、その道場の門弟高岡弥之助は事件当日、現場付近で左近を目撃、独自に追っていたが、第三の死体が発見され……。

2016年3月11日発売

競作時代アンソロジー
欣喜の風』
定価:本体580円+税
■ISBNコード:9784396341954
『小説NON』に掲載されたスピンオフ作品『跡取り』を収録!

祥伝社文庫30周年を記念し、書下ろし時代文庫で健筆をふるう著者が一堂に会した、またとない珠玉のアンソロジー第一弾"喜"。