祥伝社文庫

完本 密命 公式サイト


金杉家へのふみコンテスト開催!

 

『完本 密命 巻之十四』、いかがでしたでしょうか。
次女の結衣ゆいかどわかされたかもしれないとあって、
惣三郎は息子清之助せいのすけに宛てて文を書きます。

《結衣をなんとしても救出したく候》

乱れた心そのままに書き殴られた惣三郎の悪筆ぶりが、
目に浮かぶようですね。熱い父親の情が胸を打つ一節です。

『完本 密命』の魅力のひとつに、心温まる"文"があります。
老師の訃報を伝える文。剣術修行の無事を伝える文。
彼らの文を読むたび、私たち読者は、
まるで自分の親しい家族から手紙を受け取るような、
温かな気持ちになります。

今度はあなたから手紙を書いてみませんか?
祥伝社文庫では"金杉一家への文"を募集します。

 

応募方法

下記の応募ボタンをクリック後、メール送信画面が開きますので、
ご住所、お名前、ご年齢、ご職業、お電話番号と、
「金杉家への文(100字以内)」を明記のうえ、ご送信ください。
特定の登場人物(惣三郎/しの/清之助/みわ/結衣)に宛てた文の場合、
宛名もお書き添えください。

また、よろしければ『完本 密命』へのご感想・ご要望なども
お書き添えいただけますと幸いです。

※ご記入いただいた個人情報は、賞品発送以外には使用いたしません。

 

 

 

 

締め切り

2017年3月末日

 

賞品

大賞1点、優秀賞2点を選出し、可愛い飼い犬力丸の絵をあしらった
特製図書カードを進呈します。また、書店フェアの一環としまして、
その他の優秀作品も掲示させていただく場合がございます。
店頭で作品を使用させていただいた方にも特製図書カードを進呈します。

 

結果発表

2017年5月発売予定の『完本 密命 巻之二十三』挟み込みペーパーにて、
受賞作3点を発表いたします。