人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした、

大木亜希子
2019年11月30日(土)発売!!
初の著書『アイドル、やめました。』が話題!
元SDN48・大木亜希子の注目の第2作!
芥川賞作家羽田圭介氏推薦!

Photo:佐野円香

作品について

元アイドルとおっさん・ササポンの
奇妙な同棲生活
「この特殊な生活の中で
自分が変われるかもしれない」

仕事なし、彼氏なし、元アイドルのアラサー女子。
夜は男性との「ノルマ飯」、
仕事もタフにこなしているつもりが、
ある日突然、駅のホームで突然足が動かなくなった。
そして、赤の他人のおっさん(57歳)と暮らすことに──。
WEBマガジン『コフレ』連載中から話題沸騰!
読めば心が少し軽くなる、元SDN48の衝撃の私小説

  • 芥川賞作家・羽田圭介氏推薦!

    アラサーの己を卑下し客観的に書こうとするほど、“元アイドル”に未だ価値があると根底で思っている視線の在り方が際立つ。コントロールしきれぬ部分も露見するほど筆者が本気だからこそ、本作は映画『ブルージャスミン』を超える魅力を放つ。

『人生に詰んだ元アイドルは、
赤の他人のおっさんと住む選択をした』
大木亜希子
本体価格1400円+税

コメント

あのひとも絶賛!

  • 漫画家 瀧波ユカリ

    ササポン(おっさん)、
    日本にあと100万人くらいいてほしい。
    ササポン量産化希望

  • 青年失業家 田中泰延

    ドン詰まるんだ。生きるって、ドン詰まる。
    もう書くことしか残ってない。
    ドン詰まってる。でもそこから始まるんや。

  • ハフポスト日本版エディター 毛谷村真木

    「あ、人生が詰んだって、こういうことを言うんだ」
    自分の弱さを呪った。… 大木さんの物語は、みんなの物語でもある。
    いまはこの種の苦しさを振り返ることができるくらいの余裕はできたけど、
    でもやっぱり思い出すとお腹がギュッとなる。

  • ジャーナリスト 佐々木俊尚

    「家族」になにを求めるのかってことが
    更新されつつある時代だと思います。


著者について

ライター。2005年、ドラマ『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)で女優デビュー。数々のドラマ・映画に出演後、2010年、秋元康氏プロデュースSDN48として活動。その後、タレント活動と並行し、ライター業を開始。2015年、しらべぇ編集部に入社。2018年、フリーランスライターとして独立。著書に『アイドル、やめました。AKB48のセカンドキャリア』(宝島社)。