シリーズ既刊一覧

 

「風の市兵衛」シリーズ

1~10巻

1 風の市兵衛
9784396335670
619
〈風の剣〉を揮う新ヒーロー・唐木市兵衛誕生!

柳原堤下で、武家の心中死体が発見された。旗本にあるまじき不祥事に、遺された妻と幼い息子は窮地に陥る。そこにさすらいの渡り用人・唐木市兵衛が雇われた。算盤を片手に家財を調べる飄々とした武士に彼らは不審を抱くが、次第に魅了される。やがて新たな借財が判明するや、市兵衛に不穏な影が迫る。心中に隠されていた奸計とは? 圧巻の新シリーズ登場!〈風の剣〉を揮う市兵衛に瞠目!

2 雷神
9784396336011
638
「本書は、一作目の二倍面白い!」
縄田一男氏、驚嘆!

内藤新宿開宿以来の老舗「磐栄屋」が窮地に陥っていた。不当に立ち退きを命じられた挙句、主の天外と跡取り息子が何者かに襲われたのだ。そんな最中、風のように一人の男が現われる。"算盤侍"唐木市兵衛である。つぶさに現状を調べた市兵衛は、新宿進出を狙う豪商と鳴瀬藩の陰謀と看破する。主の娘とともに店を救う秘策とは? 時代小説に新たな風が吹く、大好評シリーズの第二弾。

3 帰り船
9784396336219
638
「深い読み心地をあたえてくれる絆のドラマ」
小椰治宣氏(文芸評論家)絶賛!

日本橋小網町の醤油酢問屋「広国屋」に風のように一人の男が現われた。"算盤侍"の唐木市兵衛である。使用人の不正を明らかにしてほしいということだったが、折しも広国屋で使う艀に直買い(密輸)の嫌疑がかかっていた。市兵衛は店を牛耳る番頭の背後にいる、古河藩の存在を知る。その側用人と番頭の企みとは? 風の剣を揮う市兵衛の活躍やいかに!

4 月夜行
9784396336455
638
「秀逸な決闘場面、光沢のあるセリフが随所にちりばめられた名作!」
菊池仁氏(文芸評論家)大絶賛!

お家騒動で揺れる出石藩の姫君が江戸市中で命を狙われた。武蔵国等々力村に身を潜めた姫の護衛に選ばれたのが、"算盤侍"の唐木市兵衛。美貌の上に天衣無縫な姫君だけに、初めての市井の暮らしに目を輝かせるが、ほどなく農民の困窮に心を痛める。そして無謀な行動に出たことから敵方に知られることに。月光の下、殺到する刺客に〈風の剣〉を揮い立ち向かう市兵衛と姫の運命は。

5 天空の鷹
9784396337162
648
息子を奪われた老侍とともに、
市兵衛が戦いを挑むのは!?

高砂が流れる北相馬藩江戸藩邸で、勘定人・中江作之助が斬殺された。"算盤侍"風の市兵衛は、病死と報された息子の死に疑念を抱き、出府してきた老侍・中江半十郎と知り合う。やがて遺品の勘定書を託された市兵衛は、それが藩を壟断する一派の悪行が記された物と気づく……。かつて"相馬の鷹"と呼ばれた老父とともに、市兵衛は卑劣な罠が待つ藩邸へ向かう。

6 風立ちぬ(上)
9784396337605
571
〈家庭教師〉になった市兵衛に迫る二つの影とは!?

九歳になる音羽の色茶屋の倅・藤蔵は、勘定方を輩出する算勘専門の私塾入門を目指し、"算盤侍"唐木市兵衛を師に招いた。同じ頃、市兵衛の周囲には、殺気を纏う托鉢僧や謎の祈祷師集団が出没する。一方、芸者勤めをする藤蔵の姉・歌は、旗本・桜井長太夫につきまとわれていた。やがて祈祷師らが動き始め、江戸を地獄に変える夜が始まろうとしていた……。

7 風立ちぬ(下)
9784396337612
571
〈風の剣〉を目指した修行の日々。市兵衛の過去がついに明らかに!?

旗本・桜井長太夫の、芸者・歌への執着を利用して音羽の花街を取り締まらせ、同時に付け火で町方を混乱させた祈祷師盗賊団の金座襲撃は成功した。その夜、歌が失踪、市兵衛は捜索に乗り出し、面目を失った奉行所も一味捕縛へ躍起に。最中、市兵衛に迫る托鉢僧が剣の兄弟子・真達で、目的が市兵衛誅殺と判明するが……。

8 五分の魂
9784396337988
648
人を討たず、罪を断つ。その剣の名は――〈風〉
金が人を狂わせる時代を、"算盤侍"市兵衛が奔る!

"算盤侍"唐木市兵衛に、貧乏旗本の倅が犯した金貸し婆斬殺事件を洗い直してほしいという依頼が入った。調べを開始した市兵衛は、失踪した御家人一家の捜索に当たる定町廻り同心・渋井鬼三次とたびたび遭遇、手を組むことに。やがて事件の背後に花街の顔役と羽振りのいい骨董屋、元勘定吟味役たちの蠢きを嗅ぎつけたとき、二つの事件が"水戸"と"出資話"で繋がったのだが‥。

9 風塵(上)
9784396338404
600
時を超え、えぞ地から 迫りくる復讐の火群
"算盤侍"唐木市兵衛が大名家の用心棒に!?

師走雪の夜、元松前奉行配下の旗本が射殺された。銃は西洋製で、賊はえぞ地での遺恨を口にしたという。北町同心・渋井鬼三次が捜査を開始した同じ頃、渡り用人・唐木市兵衛は元老中・奥平純明から、碧眼美麗な側室・お露と二人の子の警護役に雇われる。やがて純明が破綻したえぞ地開発の推進者だったことが判明するや、屯田兵として入植した八王子千人同心の悲劇が浮上する……。

10 風塵(下)
9784396338411
600
わが一分を果たすのみ。
市兵衛、火中に立つ!

遂に奥平純明が襲撃され、唐木市兵衛は賊が安宅猪史郎ら元千人同心で、純明のえぞ地政策の盟友だった商人「竹村屋」雁右衛門がその協力者と知る。雁右衛門は純明の側室・お露の前夫で、裏切られたばかりか、妻を奪われたとして恨み骨髄に徹していた。やがて純明とお露が秘す哀しき真相を知った市兵衛は、己が一分を果たす覚悟を新たにするが……。明日を求めぬ復讐劇に待つ終幕とは?

11~20巻

11 春雷抄
9784396338848
667
夫を、父を想う母子のため、
市兵衛、代官地を奔る!

渡り用人・唐木市兵衛は、知己の蘭医・柳井宗秀の紹介で人捜しを頼まれた。依頼主は江戸東郊の名主で、失踪した代官所の手代・清吉の行方を追ってくれという。一方、北町同心の渋井鬼三次は、本来、勘定奉行が掛の密造酒の調べを極秘に命じられる。江戸で大人気の酒・梅白鷺が怪しいというのだ。やがて二つの探索が絡み合った時、代官地を揺るがす悪の構図が浮上する……。そして市兵衛は!

12 乱雲の城
9784396340223
630
あの男さえいなければ――
義の男に迫る城中の敵!

「ああいう男はとり除かねば」文政半ばの年末、江戸城内外で奥祐筆組頭・越後織部は謀議を重ねていた。翌春、長兄で目付・片岡信正の婚儀の喜びも冷めぬ中、今は市井に生きる末弟・唐木市兵衛は、信正配下の小人目付・返弥陀ノ介捕縛、責問の報に驚愕。信正も謹慎中と知り、真相の究明に乗り出すが……。冤罪に落ちた兄と友を救うため、怒りの〈風の剣〉が城に巣くう闇を斬る!

13 遠雷
9784396340551
630
身代金は三千両。 市兵衛、交渉人になる!?
依頼人は、若き日の初恋の女性――

「市兵衛さんにしか頼めねえんだ」夏の日、渡り用人・唐木市兵衛の許を、請け人宿の主・矢藤太が訪れた。依頼は攫われた元京都町奉行・垣谷貢の幼い倅の奪還であった。拒む市兵衛に矢藤太は、倅の母親はお吹だと告げる。お吹こそ、青春の日、京で仕えた公家の娘で市兵衛の初恋の相手だった。奪還を誓う市兵衛。だが、賊との激闘の中、市兵衛は垣谷家の大罪と衝撃の事実を知ることに……。

14 科野秘帖
9784396340827
650
算盤の天才にして必殺〈風の剣〉の遣い手、
この世の悪に苦しむ人々のため命を懸ける。

「父の仇・柳井宗秀を討つ助っ人を雇いたい」との依頼に、渡り用人・唐木市兵衛は胸をざわつかせた。請け人宿の主・矢藤太によると、依頼人は女郎に身をやつしているが、武家育ちの上品な女らしい。しかし、二人の知る宗秀は病に苦しむ人々に寄り添う仁の町医者である。真偽を確かめるため岡場所を訪ねる市兵衛。だが、仇討ちには宗秀の故郷信濃を揺るがした大事件が絡んでいた!

15 夕影
9784396341268
650
父を殺され、利権抗争に巻き込まれた三姉妹が
命を懸けてつらぬこうとしたものとは!

"算盤侍"唐木市兵衛は、公儀十人目付筆頭・片岡信正の依頼で、下総葛飾を目指していた。信正の配下・返弥陀ノ介は親友・市兵衛の出立に際し、伝言を託す。葛飾近くの貸元に匿われている女宛だった。道中、市兵衛は貸元が人徳者だったが三月前に暗殺されたと知る。跡目を継いだのは美人の三姉妹で、市兵衛はその手下を偶然助けたことから、縄張り争いに巻き込まれ……。

16 秋しぐれ
9784396341596
650
母を亡くし水茶屋で働く娘には、新しい命が……。
寄辺の無い彼女には、行方知れずの父がいた。

廃業した元関脇がひっそりと江戸に戻ってきた。かつて土俵の鬼と呼ばれ、大関昇進を目前にした人気者だったが、やくざとの喧嘩のとばっちりで江戸払いとされたのだ。十五年の時を経てようやく、離ればなれとなっていた妻や娘に会いに来たのだった。一方、"算盤侍"唐木市兵衛は、御徒組旗本のお勝手たてなおしを依頼された。主は借金に対して、自分の都合ばかりをまくしたてるが……。

17 うつけ者の値打ち
9784396342012
640
藩を追われ、用心棒に成り下がった武士。
家名を、妻や子を守るために決意した秘策とは?

"算盤侍"唐木市兵衛を、北町同心の渋井鬼三次が手下とともに訪ねてきた。岡場所を巡る諍いを仲裁してくれという。見世に出向いた市兵衛の交渉はこじれ、用心棒の藪下三十郎と刃を交えるが、互いの剣に魅かれたふたりは親交を深めていく。三十郎は愚直に家族を守る男だった。だが、愚直ゆえに過去の罪を一人で背負い込んでいる姿を、市兵衛は心配し……。

18 待つ春や
9784396342548
640
圧巻の剣戟シーン、快刀乱麻に撫で斬って、疾る! 疾る!

武州忍田は幕府の台所を支える最重要拠点である。年の瀬、公儀御鳥見役とその手下が斬殺された。領主の阿部家は追剥ぎ強盗の仕業とするが、公儀目付役は疑念を隠さなかった。同じ頃、唐木市兵衛は俳諧の宗匠を訪ねていた。彼は阿部家の元家士で、忍田までの旅の供を依頼される。破格の給金を訝しんだ市兵衛が真意を問うや、捕らえられた友の救出に向かう旅の用心棒だと告げられ……。

19 遠き潮騒
9784396343439
650
命、なげうっても友を救う。

深川で干鰯〆粕問屋の大店・下総屋の主が刺殺された。玄人の仕業を疑った北町同心・渋井鬼三次は、聞き込みから賊は銚子湊の者と睨み急行する。同じ頃、唐木市兵衛は返弥陀ノ介の供で下総八日市場を目指していた。三年半前に失踪した弥陀ノ介の友が目撃されたのだ。当時、銚子湊では幕領米の抜け荷が噂され、役人だった友は忽然と姿を消していた……。

20 架け橋
9784396343446
650
尽くせるか、最愛の人のために。

唐木市兵衛を、相模の廻船問屋が言伝を持って訪ねてきた。相手は返弥陀ノ介の許から姿を消した女・青だった。伊豆沖で海賊に捕らえられるも逃げだしたらしい。弥陀ノ介には内密にと請われ、市兵衛はひとり平塚に向かう。一方、弥陀ノ介は"東雲お国"と名乗る女海賊の討伐のため、浦賀奉行所に急遽、派遣されることに。だが、お国は、弟を殺された哀しみで、復讐の鬼と化していた……。

 

 

「風の市兵衛 弐」シリーズ

1~10巻

21 曉天の志 風の市兵衛 弐
9784396343927
660
新たなる旅立ちの第一弾!
"算盤侍"唐木市兵衛、風に吹かれて悪を斬る。

算盤の腕を買われ神田青物市場に職を得た唐木市兵衛は、高熱の童女を助けたことから浪人親子と親しくなる。そんな折、吉野山金峯山寺から修験者が市兵衛を訪ねてきた。祖父・忠左右衛門に縁をもち、市兵衛も知らない出自を明かすという。逡巡の末、市兵衛は急遽、吉野へ。一方、江戸では一刀のもとに首を刎ねる連続強盗が発生。だが、犯行の手掛かりは摑めず、恐怖が町を覆っていた……。

22 修羅の契り 風の市兵衛 弐
9784396344146
680円
父を喪った兄妹を
襲う魔手に市兵衛は!

病弱の妻の薬礼を得んがため人斬りに身をやつした信夫平八。断腸の想いで平八を刀に懸けた唐木市兵衛は、彼の忘れ形見、小弥太と織江とともに新しい生活を始める。日々、絆を深くする市兵衛と子どもたち。そんな中、岡っ引の文六、お糸夫婦が寝込みを急襲された。さらに、幼い兄妹が行方不明に── 子どもたちの奪還に死地へと向かう市兵衛に"修羅の刃"が迫る!

23 銀花 風の市兵衛 弐
9784396344498
690
領民を苦しめる政争に巻き込まれた市兵衛、北へ。
待ち構えていた邪悪な暗殺集団が襲いかかる!

唐木市兵衛と暮らした幼き兄妹小弥太と織江の親戚にあたる金木脩が酔漢に襲われ重傷を負った。柳井宗秀の治療で一命をとりとめたものの、酔漢は実は金木の故郷北最上藩の刺客であることが発覚する。急遽、北最上に奔る市兵衛。そこでは改革派を名乗る一派による粛正の嵐が吹き荒れていた──領民を顧みず私欲を貪る邪剣集団が、市兵衛暗殺に牙を剝く!

24 縁の川 風の市兵衛 弐
9784396344924
680
市兵衛、そろばんを学んだ大坂へ──。

北町奉行所定町廻り同心・渋井鬼三次の息子・良一郎が幼馴染みの小春と失踪した。書き置きから大坂への欠け落ちが疑われた。腕利きの文六親分の下ッ引をつとめる良一郎が何故?《鬼しぶ》と綽名される友の心中を察した市兵衛は、若き日、算盤を学んだ大坂へ。二人の捜索中、市兵衛は良一郎が探っていた、大坂に本店を持つ騙りの噂が絶えない両替商を見つける…。

25 天満橋まで 風の市兵衛 弐
9784396345556
690
米騒動に震撼する大坂・堂島蔵屋敷で手代が不審死!
さらに市兵衛をつけ狙う凄腕の刺客が現れた!

定町廻り《鬼しぶ》の心配をよそに、唐木市兵衛は未だ大坂に在った。世話になった長屋のお恒の息子が、突然、殺されたのだ。堂島の蔵屋敷で働く孝行息子だったが、その背中には幾つもの刺し傷があった。下っ引の良一郎らと下手人を追う市兵衛。堂島は米の取り付け騒ぎに震撼していた。同じ頃、市兵衛をつけ狙う刺客が現れた。気配からかなりの凄腕と思われ……。

26 希みの文 風の市兵衛 弐
9784396345914
690
市兵衛をつけ狙う暗殺武家集団に“風の剣”が立ちはだかった!

唐木市兵衛に返り討ちにされた刺客の一族が、復讐を誓い市兵衛の身辺探索を始めた。一方、大坂に情が移り江戸への出立を渋る小春を、亡姉の親友お茂が訪ねてきた。幼馴染みが辻斬りに遭い、生死の境をさ迷っているという。犯人捜しを始めた市兵衛だったが、己れの居場所を刺客に突き止められてしまう。良一郎らを先に発たせた市兵衛は、自ら死の罠に飛び込み……。

27 残照の剣 風の市兵衛 弐
9784396346584
690
二十五年前の闇から浮かび出た市兵衛をつけ狙う殺生方の正体とは!

《宰領屋》矢藤太の許に大店両替商《近江屋》から、唐木市兵衛を名指しで口入の周旋依頼があった。蟄居閉門中の武州川越藩士に手紙を届けてほしいという。二人は川越藩主に国替えの噂があり、資金調達のため圧政下にあると知る。異論を唱えた藩士も改易は必定、その時は江戸に迎えたいというのだ。市兵衛は矢藤太と共に赴くが、到着するや胡乱な輩に囲まれ……。

28 乱れ雲 
風の市兵衛 弐
9784396347055
700
秀才旗本のつまずきが、地獄の亡者を引きずり出した!

江戸を流行風邪が襲った。蘭医柳井宗秀は、重篤の老旗本笹山卯平に請われて、唐木市兵衛を紹介する。卯平は密かに金貸を営んでおり、百両近い貸付が残る五千石の旗本広川助右衛門へのとりたての助役を依頼したのだ。助右衛門は返済逃れの奸計を巡らす。同じ頃《鬼しぶ》の息子良一郎は北町奉行所に出仕、見習仲間と賭場で破落戸相手に大立回りを演じてしまい……。

29 寒月に立つ 風の市兵衛 弐
9784396347451
740
市兵衛、修羅となる!

返弥陀ノ介が瀕死の重傷を負った。公儀十人目付筆頭片岡信正の命による、越後津坂藩内偵の最中だった。津坂藩は譜代ながら跡継騒動を抱え、その陰に見え隠れする御用商人の不審な噂が絶えなかった。公儀としても政情の不安は見逃せず、信正は唐木市兵衛に引き続きの探索を託した。友の惨劇に市兵衛は、仇を討たんがため潜入するも、意表を突く敵の罠が……。

30 斬雪 風の市兵衛 弐
9784396347673
740
市兵衛、儚い真心さえも喰らい尽くす悪鬼を断て!

跡継問題に決着をみた越後津坂藩は、新たな江戸家老のもと財政再建に心血を注いでいた。そんな時、初老の勘定衆が百五十両を着服し逐電した。男は江戸家老の幼馴染みだった。友の潔白を信じる家老の依頼で、市兵衛は捜索を開始する。だが、行方は杳として知れなかった。ある日、市兵衛は失踪した男を知る場末の娼婦に出会う。さらに、不穏な噂がささやかれ……。

11巻~

31 春風譜 風の市兵衛 弐
9784396348168
720
市兵衛、愛情ゆえに断ち切れた、父子の絆を紡げるか!

唐木市兵衛は我孫子宿近くの村を訪れていた。小春の兄の又造が、妹と≪鬼しぶ≫の息子・良一郎との縁談を知り家出したのを、迎えに出たのだ。ところが、又造は訪ね先の親戚ともども行方知れずだった。同じ頃、村近くで宿の貸元と、流れ者の惨殺体が発見された。近在では利根川の渡船業等の利権争いで、貸元たちが対立していた。市兵衛は失踪人探索を始めるが……。